災害の復旧清掃や孤独死や事故現場の特殊清掃を行う、山梨の創美社のサイト

水害復旧

  • HOME »
  • 水害復旧

水害による被害

大規模な洪水や津波、日常的にも起こりうる配管の破裂やトイレ詰まりによる浸水。
いつ起こるかわからない水の被害に対応し早急な復旧を行います。

川が氾濫し、床上浸水し家具も水浸しになった。
土砂災害で、家の中に土砂が流れ込んできた。
雨漏りがおこり、床や家具が濡れてしまった。
浸水した水は乾いたけど、土砂が残ってしまった。
自分で掃除はしたけど臭いが気になる。

水害現場からの復旧クリーニング

レストレイティブクリーニング

建材を延命させるためのクリーニング・被害を受ける前(新製品時)にできるだけ近づける為のクリーニング・室内から埃、ダニ、カビ、細菌、ウイルスなど人間に悪影響を与える物質を取り除き衛生環境を整える為のクリーニングを行います。また水害や火災現場の復旧に必要な精度の高いクリーニングです。

ウォーターダメージレストレーション

高度なレストレイティブクリーニングをベースに”水”によって被災した建物室内から水・水分・固形物・におい・細菌・カビ・ウイルスなどを確実、適切に除去処理をする複合サービスです。我々は”安心安全な空気環境をいかに作るか?”を重要視しています。そのために目に見える”汚染物質”を除去するだけではなく、目に見えない水・細菌・においを除去することに重点をおきます。


水害復旧クリーニングの流れ

水害復旧はWaterdamage Restoration(ウォーターダメージレストレーション)ともいわれ、高度なレストレイティブクリーニングを”水”によって被災した建物室内を複合的に修繕いたします。水害復旧には、水・水分・固形物・におい・細菌・カビ・ウイルスなどを、適切に除去処理いたします。災害後に”安心安全な空気環境をいかに作るか?”を重要視しています。そのために目に見える”汚染物質”を除去するだけではなく、目に見えない水・細菌・臭いを除去することにも力を入れております。

➊クリーニング作業

外部環境から侵入した水の除去をします。各素材内に浸透したした『水・泥』の除去をします。素材を傷めることなく適切な方法と洗浄剤の選定をします。

➋乾燥作業

除湿器・送風機を用いた乾燥を行います。適正な乾燥状況がなされているか、測定器を用いて乾燥状態を見分します。

➌カビの除去

カビの胞子は湿った材料で成長します。被災状況の精査を行い、適切な消臭剤の選定を行い、カビの除去・消臭をします。

➍室内空気環境の測定

専用の測定器を用いて空気環境を測定します。原因物質を特定して汚染物質を除去します。作業前後での改善率を数値化します。

水害による被害

大規模な洪水や津波、日常的にも起こりうる配管の破裂やトイレ詰まりによる浸水。 いつ起こるかわからない水の被害に対応し早急な復旧を行います。

川が氾濫し、床上浸水し家具も水浸しになった。
土砂災害で、家の中に土砂が流れ込んできた。
雨漏りがおこり、床や家具が濡れてしまった。
浸水した水は乾いたけど、土砂が残ってしまった。
自分で掃除はしたけど臭いが気になる。
水害現場からの復旧クリーニング
レストレイティブクリーニング

建材を延命させるためのクリーニング・被害を受ける前(新製品時)にできるだけ近づける為のクリーニング・室内から埃、ダニ、カビ、細菌、ウイルスなど人間に悪影響を与える物質を取り除き衛生環境を整える為のクリーニングを行います。また水害や火災現場の復旧に必要な精度の高いクリーニングです。

ウォーターダメージレストレーション

高度なレストレイティブクリーニングをベースに”水”によって被災した建物室内から水・水分・固形物・におい・細菌・カビ・ウイルスなどを確実、適切に除去処理をする複合サービスです。我々は”安心安全な空気環境をいかに作るか?”を重要視しています。そのために目に見える”汚染物質”を除去するだけではなく、目に見えない水・細菌・においを除去することに重点をおきます。

水害復旧クリーニングの流れ

水害復旧はWaterdamage Restoration(ウォーターダメージレストレーション)ともいわれ、高度なレストレイティブクリーニングを”水”によって被災した建物室内を複合的に修繕いたします。水害復旧には、水・水分・固形物・におい・細菌・カビ・ウイルスなどを、適切に除去処理いたします。災害後に”安心安全な空気環境をいかに作るか?”を重要視しています。そのために目に見える”汚染物質”を除去するだけではなく、目に見えない水・細菌・臭いを除去することにも力を入れております。

クリーニング作業

外部環境から侵入した水の除去をします。各素材内に浸透したした『水・泥』の除去をします。素材を傷めることなく適切な方法と洗浄剤の選定をします。

乾燥作業

除湿器・送風機を用いた乾燥を行います。適正な乾燥状況がなされているか、測定器を用いて乾燥状態を見分します。

カビの除去

カビの胞子は湿った材料で成長します。被災状況の精査を行い、適切な消臭剤の選定を行い、カビの除去・消臭をします。

室内空気環境の測定

専用の測定器を用いて空気環境を測定します。原因物質を特定して汚染物質を除去します。作業前後での改善率を数値化します。

PAGETOP
Copyright © (有)創美社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.